とやま農業未来カレッジ新着情報

2017年01月19日

大豆大麦栽培


カレッジでは冬期間に県内外で活躍されている農家・組織の代表者の方々を講師に招いて座学を行っています。今回は高岡市福岡町でハトムギ・さといも・にんじん等の複合経営を大規模機械化して実践されている㈲中山農産の中山社長のお話を伺い、複合経営による経営の安定化には①機械化等による作業の効率化の徹底②米以外の品目を増やすことによる販路拡大③冷蔵、冷凍等での出荷調整や加工による付加価値販売など 解り易くお話いただきました。

←トップページ