とやま農業未来カレッジ新着情報

2017年02月10日

基礎園芸

  
県内のサトイモ産地では農閑期の労力を活用した冬期出荷が増えています。カレッジでも昨年12月5日に掘り取ったサトイモを貯蔵し、2月6日に洗浄・出荷調整作業を行いました。親株ごと貯蔵しておいたことから腐敗した芋もなく、2月でも高品質なサトイモを安定的に出荷できることが体験できました。

←トップページ