とやま農業未来カレッジ新着情報

2017年10月18日

病害虫防除

 
県農業研修所病理昆虫課課長守川俊幸氏より、IPM(総合的病害虫管理)の普及事例や防除効果、化学農薬の使用を控えて有害生物の発生を抑え、自然界の仕組みをうまく活かす環境にやさしい農業技術について講義を受けました。

←トップページ