とやま農業未来カレッジ新着情報

2017年11月16日

実習:施設葉菜・さといも

  
 
高岡市佐野の西本政行氏のほ場で、10月上、中旬が播種適期で冬期間に出荷する「寒締ほうれんそう」の栽培概要や糖度を高める技術について説明を受けました。その後、ハウスでは早秋まきのコマツナ、ほうれんそうを収穫し、調整を行いました。
また、高岡市福岡町の㈲中山農産では、サトイモ(大和)の掘り取り、冬期間出荷することから株を分解しないための株の土落としを教わり、機械化一貫体系による運搬作業も実習しました。

←トップページ