とやま農業未来カレッジ新着情報

2017年11月16日

GAP

    
                  
新川農林振興センター副主幹 石田宏氏の案内により、GAPの取組事例として入善町の㈲ドリームファームを視察しました。まず、㈲ドリームファームの米澤隆氏より平成14年1月設立された㈲ドリームファームの経営概況や水稲、大豆、園芸作物の生産、県内・外の販売状況など説明を受けました。次に「富山県適正農業規範」に沿って、10月に県内で初めてアジアGAPを取得された際の取組みのポイントについて、研修生との質問形式で行いました。その後、ハウスや乾燥調製施設におけるGAPの取組み点について実地視察をしました。最後に、鍋嶋信一郎氏から研修生に就農に向けて激励の言葉をいただきました。

←トップページ