とやま農業未来カレッジ新着情報

2017年12月18日

視察研修

  
  

視察研修として砺波方面に見聞してきました。
砺波市高波の㈱センティアでは、代表取締役 伊藤仁嗣氏より、水稲とチューリップ球根、チューリップ切り花の生産の経営や栽培の特徴についてお話を聞きました。移動式テーブルによるボックス栽培により、花を順次開花させ、計画的な継続出荷が可能になったことなど説明を聞きました。
みずほ農場㈱では代表取締役 笹嶋勝氏より、白ねぎや西洋野菜栽培について教えていただきました。いろいろな西洋野菜が収穫時期を迎えていました。 
午後からは、南砺市高波地区で干柿の生産農家 窪田謙治氏の農場を訪問し、柿の選別や色分け、型直し等の行程を見学し、説明していただきました。その後、富山干柿出荷組合連合会で、組織の概要や三社柿栽培・加工について教えていただき、干柿包装システムを見学しました。

←トップページ