とやま農業未来カレッジ新着情報

2020年02月14日

農業情報

 富山農林振興センター副主幹普及指導員 宮崎有弘氏より、「農業情報活用の利用方法」について、2日間にわたって県農業総合研究所で講義をしていただきました。
 まず、一日目は、月ごとの売り上げが変わらないような直売所でも、移動年計で見ると売上が下がっていたりすることから、グラフを書くことの必要性を学びました。また、新たに直売所を作るためのアイデアを、KJ法を使って3グループに分かれて検討しました。
 二日目は、「直売所の活性化を考える」をテーマに、3グループに分かれて活性化対策を考えて発表しました。直売所をドライブスルーにするとか、料理して販売するなどユニークな発表がありました。

     

←トップページ