とやま農業未来カレッジ新着情報

2018年06月07日

園芸生理

 
「園芸作物の起源と種子の発達」と題して、カレッジの稲葉総括指導員が講義を行いました。現代社会は、野菜の種類や品種がとても多く、食卓は多彩な食で彩られています。まず始めに、これからが旬のスパーで販売されている各産地のトマト・ミニトマトの食味を官能しました。そして、種子の発芽条件やカレッジで栽培されているタマネギ・バレイショなどの休眠を生かした長期出荷なとについて学びました。

←トップページ