とやま農業未来カレッジ新着情報

2019年07月18日

実習:園研

  

           

 砺波市にある県園芸研究所の副主幹研究員 島嘉輝氏 より、旧盆向けの小菊等の切花類の出荷予測とストックの八重鑑別方法の講義があり、その後、6月26日に播種したストックの花型を予想する八重鑑別を行いました。次回は、8月28日に鉢上げを行いますが、八重花株のみ商品化となることから、当日の育苗株を各自で持ち帰り八重鑑別することにしました。
 また、小菊の圃場においてつぼみの大きさを測定し、開花時期を予測する実習を行いました。

←トップページ