とやま農業未来カレッジ新着情報

2018年12月18日

水稲栽培


南砺市の㈲カントリー岩屋代表取締役 岩﨑修氏より、「大規模企業栽培での取組み事例」について講義をしていただきました。カントリー岩屋は、旧井波町で30haを専従3名で経営、水稲を5品種(アルギット、直播など栽培法含めると8栽培体系)、ほか大豆、タマネギ、ニンジン、ブロッコリー等多品目の栽培についてお話をしていただきました。

入善町の㈲ロッキーファーム代表取締役 寺崎悟氏より、「直播栽培の取組み事例」と題して講義をしていただきました。水稲直播栽培の工夫、省力低コスト、農業機械の長期運用による黒字経営の秘訣等についてお話をしていただきました。

←トップページ