利用案内
(施設見学、スマート農業体験)

 スマート農業普及センターの利用にあたっては、当センターに予約状況を確認のうえ、下記の手順でお申し込み下さい。
これまでの農業機械関係研修や農耕用大型特殊自動車または農耕用けん引の免許取得研修については、「研修案内」の
「T 農業機械研修」を参考に願います。

1 電話等での問い合わせ

  ・希望する施設、機械の予約状況を確認願います。

   スマート農業普及センター TEL 076-465-4424 FAX 076-465-5481 
                939-2707 富山市婦中町東本郷101


2 施設利用申込書の提出

  ・施設、機械の利用の場合は、施設利用承認申請書(様式第1号)、見学の場合は、施設見学承認申請書(様式第2号)
   を、原則、利用(見学)日の14日前までに以下に提出願います。
   (年度ごとにカリキュラムは見直されますので、翌年度までの申し込みをされる場合は相談願います。)

  ・申請書と併せて開催要領等、@利用内容やA参集者が分かる書類を添付してください。

   <提出先>スマート農業普及センター (939-2707 富山市婦中町東本郷101)
        又は、富山県農業技術課 研究普及・スマート農業振興班
           (930-0004 富山市桜橋通り5-13 富山興銀ビル10階)
        提出先にも申請書は用意してあります。

  ・利用(見学)しようとする日及び利用者が主催する研修会等の参加者を変更するときは、利用の場合は利用日の10日前
   までに、見学の場合は、見学日の5日前までに連絡をしてください。


3 施設・機械の利用

   下記、利用上の注意を遵守願います。

  【利用上の注意】
   ・利用時間を厳守してください。
   ・利用した施設・機械は、利用前の状態に復帰して返却して下さい。
   ・利用を希望する一部の機械については、資格・免許が必要な場合があります。
   ・機械等の利用にあたり燃料を要するときは、利用した機械の燃料を補充した後に返却願います。
   ・施設・機械の利用中に損傷及び物損・人身事故が利用者の故意又は過失により発生した場合は、利用者の責任に
    おいて損害を賠償していただく場合があります。
   ・施設・機械の予期せぬ故障等により、ご利用いただけない場合はご了承願います。
   ・利用内容について、センター長が適当でないと判断する場合はご利用をお断りすることがあります。

4 利用料の支払い

 (1)納入通知書の受け取り
   ・利用日以降、施設利用承認申請書に記載された申請者の住所に納入通知書が郵送されてきます。
   ・納入通知書に、利用料や納入期限が記されております。納入期限までにお支払いください。

 (2)利用料の支払い
   ・(1)の納入通知書により指定の銀行等の窓口(※)でお支払いください。
   ・支払い後、窓口から受け取った収納済控えを各自、保管願います。
   ・口座振込の取り扱いはありません。

      ※・指定の銀行等は、県内の金融機関(ゆうちょ銀行を除く)です。
    ・県外では、北陸銀行及び富山第一銀行、商工組合中央金庫、イオ信用組合の各本支店となっています。
     なお、県外の金融機関でのお支払いについては、納付書を持参のうえ、取り扱いの可否等を窓口でご確認
     ください。

     

利用予約状況

*以下の色塗りがされている日は既に予約が入っております。ご利用の際は、空いた日を
ご確認のうえ、お問い合わせ願います。


別表 利用できる施設・機械及び利用料金

 
種 別単 位料金(消費税込み)備 考
ロボットトラクタ1時間/台1,690円
(2,530円)
貸出、実演で費用が発生します。
自動運転田植機1時間/台970円
(1,450円)
貸出、実演で費用が発生します。
収量コンバイン1時間/台470円
(700円)
貸出、実演で費用が発生します。
大研修室  全面使用(最大108名)

      2分の1使用(45名又は54名)
1時間/台1,330円
(1,990円)
660円
(990円)
 
小研修室  (最大20名、ドローンシミュ
      レータ15台(PC)、トラクタ
      シミュレータ1台)
1時間470円
(700円)
シミュレータ体験、コンピュータ
利用の場合に使用します。
農業用ドローン(2機種)1日/台2,780円
(4,170円)
貸出、実演で費用が発生します。
研修用ほ場1日

1時間
12,950円
(19,420円)
2,160円
(3,240円)
ドローンやロボット農機等の実演で
費用が発生します。

(かっこ書き内の料金は、県内に住所又は事務所もしくは事業所を有する者以外の利用者に係る料金)


備考
1 利用時間に単位未満の端数があるとき、又は利用時間が単位に満たないときは、当該単位まで切り上げて計算する。
2 利用時間を短縮した場合においても、利用料は減額しない。

トップページへ戻る

(c) 2021 Toyama Smart Agriculture Extension center. All Rights Reserved. All Rights Reserved.