研修案内

               

T 農業機械研修


◇農業機械士養成研修 
農業機械士養成研修

  前期・後期課程の講習を通して「農業機械士」を養成
  します。
 
  【前期課程】 農耕用大型特殊自動車または農耕用
                  けん引の免許取得
  【後期課程】 農業機械の構造・機能及び安全な運転
                  技能について修得



◇農業機械初心者研修(女性・新規就農者等)

  トラクタの基本操作や利用技術を習得します。(随時申し込み)


◇オペレーター等再研修 

  農作業安全等の知識を習得を習得します。 (随時申し込み)
初心者研修研修


◇新規開発機械等対応研修

  新しく開発された農業機械などの知識や利用技術を
  習得します。(11月予定)


◇農作業安全研修

 農作業安全の知識や技能などを習得します。(11月予定)

     

受講について
 1)受講対象者
  担い手農家、営農組織オペレーター等

 2)研修計画
    → 令和4年度農業機械研修計画はこちら!(PDF)
     令和4年度年度の農業機械研修の種類及び内容はこちら!(PDF)
 3)受講申込方法   ◇農業機械士養成研修前期課程実施要領(PDF)をご確認ください。   ※各種申請書はこちらからダウンロードできます(以下の様式第1号から4号のワード版)。
 農業機械士養成研修前期課程 受講申込書(様式第1号)
 農業機械士養成研修前期課程 推薦書(様式第2号)
 農業機械士養成研修後期課程 受講申込書(様式第3号)
 農業機械初心者研修(トラクタ基本操作研修) 受講申込書(様式第4号)
 *令和4年度の農耕用大型特殊自動車および農耕用けん引の免許取得研修の
  募集は終了しました。


U スマート農業
  研修

 

◇スマート農業体験研修 (随時申し込み。利用案内をご覧ください。)

  スマート農業に関する講義、スマート農機の実演などを通して、スマート農業に関する
 知識を習得します。


◇シミュレータ体験研修 (随時申し込み。利用案内をご覧ください。)

  トラクタやドローンのシミュレータを通して、初心者でも安全に模擬操作を体験します。


◇経営管理システム利用実習(冬季開催予定。ホームページ等でお知らせします。)

  経営管理システムの利用方法の講義や実習などを通して、栽培・経営データの収集や
 活用方法を習得します


     

 随時申し込みが可能な研修内容の例:座学1時間と実演又は体験1時間の合計2時間程度の場合

  座学=スマート農業(初心者向け、ロボット農機関係、ドローン関係等内容応談)

  実演又は体験=ドローンシミュレータ操作体験、ドローン実演、ロボットトラクタ・
         ロボット田植機実演又は操作体験、GPSガイダンスシステム操作体験
         等が可能。
 
シミュレータ体験(例) ロボット農機体験(例) ドローン実演(例)
時間 内 容 時間 内 容 時間 内 容 
1時間
20分
20分
20分
スマート農業について座学
トラクタシミュレータ体験
けん引シミュレータ体験
ドローンシミュレータ体験

費用の目安:
小研修室2時間=940円〜
1時間


1時間
スマート農業について座学

GPSガイダンス操作体験
ロボット田植機操作体験
ロボットトラクタ実演
これらのうち1、2件

費用の目安:
大研修室1時間=1,330円
ロボットトラクタ1時間
=1,690円
ほ場1時間=2,160円
  計5,180円〜
1時間
20分

40分
スマート農業について座学
小型ドローン操作体験または
ドローンシミュレータ体験
農業用ドローン飛行実演

費用の目安:
大研修室1時間=1,330円
ドローン1日=2,780円
ほ場1時間=2,160円
 計6,270円〜
*「体験」は実際の操作や乗車が可能です。「実演」は見ていただくだけになります。
*ドローンシミュレータ体験は最大15名。トラクタシミュレータ、ロボット農機等各操作体験は5名を目安でお願いします。実演(見るだけ)であれば20名程度まで可能ですが、10名程度の班に分かれていただいたほうが十分な体験ができると思います。

研修計画(定期)

 令和4年度
     4月27日 14:00〜16:00 富山県のスマート農業について(座学)
          富山県のスマート農業の現状について担当職員の講師となり研修しました。

     4月28日 14:00〜16:00 ロボットトラクタによる耕うんを担当職員が実演しました。
          無人走行のための設定から無人での耕うん作業までを実演しました。

     5月17日 14:00〜16:00 ロボット田植機による無人田植の実演会をスマート農業
          普及センターの近郊で担当職員が実演し、ロボット田植機が効率的な作業経
          路を走行する様子を体験していただきました。

     8月24日 9:00〜11:00と14:00〜16:00の2回、ドローンの体験会を行いました。
          農業現場でのドローン利用についての講義の後、ドローンシミュレータによる
          操作体験と、小型ドローンの操縦体験に加え、センター所有の農業用ドローン
          2機種の飛行実演を行いました。

     9月22日 13:30〜16:00 収量コンバインによる収穫体験実演会を行いました。
          タブレットを使った営農支援システムとコンバインの連動を実演したほか、
          実際に運転していただいて刈取り操作や手こぎ、清掃まで体験しました。



トップページへ戻る

(c) 2021 Toyama Smart Agriculture Extension center. All Rights Reserved. All Rights Reserved.