とやま農業未来カレッジ短期研修の概要

農業経営塾の実施について (既就農者向け)

趣旨
本県農業をリードする経営感覚に優れた担い手を育成するために、新たに
「農業経営塾」を開講します。実践的かつ専門性の高いカリキュラムのもと、
営農を続けながら農業経営分野を中心に体系的に学べる講座です。
研修期間
平成29年12月13日(水)~平成30年2月16日(金)(21日間)
13:30~16:40(2時限)
 ※集中セミナー9:00~16:20(4時限)
実施場所
富山県農業総合研修所等
対象者
青年農業者等(法人の従業員等を含む。)
定員
20名程度
研修内容
(全48時限:1時限90分)

① 開講式等
1時限(オリエンテーション)
② 栽培技術
8時限(水稲、大麦、大豆、野菜、果樹、花き)
③ 管理技術
5時限(栽培環境、作業安全、GAP、ICT)
④ 農業経営
32時限(経営戦略、農業経営者との意見交換など)
⑤ 農業政策
2時限(国や県の農業政策など)
募集期間
平成29年10月2日(月)~11月24日(金)
募集チラシ
農業経営塾募集案内チラシ
応募方法
募集チラシの裏面に必要事項を記入の上、FAXまたは郵送してください。
E-mailも受け付けています。チラシを印刷の上、PDFをメールに添付して送信してください。

とやま農業未来カレッジ農業経営塾日程表(予定)

研修日 研修内容
1限(13:30~15:00) 2限(15:10~16:40)
第 1 回 12月13日(水) 開講式、オリエンテーション 農政時事:食料・農業・農村をめぐる状況
第 2 回 12月15日(金) 一般経営概論:経営理念を持った戦略の立て方
第 3 回 12月18日(月) 農業経営:農業事情と農業経営における経営戦略
第 4 回 12月20日(水) 農業経営:農業簿記と青色申告、財務管理
第 5 回 1月10日(水) 農政時事:本県の農業施策
 
流通販売:農産物(米、大麦、大豆)の流通と販売
第 6 回 1月12日(金) GAp:本県におけるGApの普及推進  ICT:現在使われているICT技術と今後の方向
第 7 回 1月15日(月) 農業経営:農業金融と資金計画の立て方 作業安全:農作業安全
第 8 回 1月17日(水) 集中セミナー:先進地視察(県内農業法人)、意見交換会(9:00~16:20)
第 9 回 1月18日(木) 集中セミナー:経営計画実務、経営計画作成演習(9:00~16:20)
第10回 1月19日(金) 集中セミナー:経営計画発表会、経営計画アドバイス(9:00~16:20)
第11回 1月22日(月) 水稲栽培技術 :育苗 大豆・大麦栽培技術 :大豆・大麦栽培全般
第12回 1月24日(水) 農業経営: 農業以外の他業種経営者との意見交換会
第13回 1月26日(金) 園芸生理:園芸作物の植物特性 野菜栽培技術:果菜・葉菜類の栽培
第14回 1月29日(月) 果樹栽培技術:ナシ、リンゴなど 花き栽培技術:キク、チューリップなど
第15回 1月31日(水) 水稲栽培技術:本田栽培管理と収穫調製 野菜栽培技術 :根菜類の栽培
第16回 2月2日(金) 公開講座: 農業経営に関する講演
第17回 2月5日(月) 流通販売: 農産物の流通販売の基礎(マーケティングの基礎)
第18回 2月7日(水) 農業経営: 法人経営体との意見交換会
第19回 2月9日(金) 農業経営:若手経営者との意見交換会
第20回 2月14日(水) 農業機械:農業機械安全点検(大型トラクター)
第21回 2月16日(金) 農業経営:労務管理の基礎          閉講式

※一部研修内容によって、研修講義時間、実施場所が変更になります。