とやまの林業を知る

データで見る富山県の森林・林業

県土の67%が森林

富山県の森林面積は約285千haで、県土425千ha の67%を占めています。
森林の63%にあたる180千haは民有林で、そのうち、人の手によって森林更新が行われる人工林は51千haで、民有林の28%を占めています。

富山県森林政策課調べ

富山県の森林分布

富山県の森林

県内人工林では面積の93%をスギが占めています。そのうち9齢級(41 年生以上)のスギが、面積・蓄積ともに全体の8割以上を占め、本格的な利用期を迎えています。

充実してきた人工林資源

人工林(針葉樹)の齢級別面積蓄積
富山県の素材生産

富山県森林政策課調べ

富山県の植生分布図

環境省:日本の現存植生図から作成

優良無花粉スギ「立山 森の輝き」

富山県では、平成4年に全国で初めて無花粉のスギ個体を発見して以来、この遺伝様式を解明し、9年の歳月をかけて林業用として優れた優良無花粉スギ「立山 森の輝き」を開発しました。
平成24年度からは、この苗木を林業用苗として出荷を開始し、森づくりの新たな取り組みとして、スギ人工林の再造林地にこの無花粉スギの植栽を進める、優良無花粉スギ「立山 森の輝き」普及推進事業に取り組んでいます。
今後、無花粉スギの植栽が進むにつれて、穏やかではありますが、花粉飛散量の軽減に繋がるものと期待されます。

優良無花粉スギ「森の輝き」の雄花
雄花の着いた枝の比較(左:立山 森の輝き 右:通常のスギ)
優良無花粉スギ「森の輝き」の記念植樹
日比谷公園での記念植樹(平成25年2月21日)